家庭レベルで導入可能な太陽光発電・・・お勧めはこれ!

メーカー比較の際のポイント

太陽光発電メーカー比較の際のポイントについて、説明します。
一般住宅や産業施設などへの太陽光発電の導入を検討する際、発電電力の見積りなどと並行して、太陽光発電メーカーの比較を行うでしょう。
グリーンエネルギーである太陽光発電の場合、メーカーに依って太陽電池のタイプ自体が異なり、同じタイプの太陽電池であっても形状や効率などがかなり違っています。
太陽光発電メーカーを比較する際のポイントとしては、発電効率、ワット当り単価、デザイン、保証期間、と言う4つが挙げられます。
ただし、これらの4つのポイントは互いに相反する項目である場合もあり、最後は、太陽光発電システムを設ける屋根の形とか購入者の好みなどに依存して決まって来ますので、この点は注意しておきましょう。
では、1つ目の発電効率について、説明します。
発電効率とは、同じ光を受けた場合、どれだけ多く電気に変換出来るか、と言う指標です。
数値が高い程、発電効率が高くなります。
一般的には、HIT型太陽電池>単結晶型太陽電池>多結晶型太陽電池>CIS型太陽電池、の順番で、発電効率は低下します。
屋根が狭い住宅など、設置面積が十分確保出来ない場合は、発電効率を重視するのが良いでしょう。
次に、2つ目のワット当り単価について、説明します。
ワット当り単価とは、太陽電池モジュール1枚当りの価格ではなく、モジュール単価を公称最大出力で割った値、すなわち、1W(ワット)出力あたりの単価を指します。
太陽光発電システムのコストと発電できる量の関係を表す重要な指標と言えます。
この指標で、1ワットの発電能力に対して、太陽光発電システムのコストがいくら掛かるか、と言う比較ができます。
屋根が広い住宅など、十分な設置面積が確保出来る場合は、ワット当り単価を重視するのが良いでしょう。
次に、3つ目のデザインについて、説明します。
太陽電池パネルが自宅の屋根に乗っているのって格好が良くないが、太陽光発電システムの導入はしてみたい、と言う人も多い様です。
その様な方々は、お洒落で目立たない様なデザインの太陽電池が良いでしょう。
例えば、屋根全体を覆う様な形に太陽電池を敷き詰めたい人は、デザインを重視するのが良いでしょう。
最後に、4つ目の保証期間について、説明します。
太陽光発電システムは、普通、10年、20年と長期間にわたって使い続けるものです。
最近、売電価格がアップされましたが、それでも、最初の設置コストを回収するには、10年以上も掛かります。
そうした事を考えると、稼動して間もない時期に起きるような故障は、大きなリスクとなります。
そのため、太陽電池メーカーは、各社とも10年程度の長期保証を設けています。
ただし、その保証内容は、メーカー間で若干異なりますので、内容を良く比較した方が良いでしょう。