家庭レベルで導入可能な太陽光発電・・・お勧めはこれ!

太陽光発電のメリット

ここで太陽光発電のメリットについて、説明します。
太陽光発電システムは、次世代エネルギーとして多大な期待を寄せられています。
家庭に導入すれば、電気代が安くなる、余剰電力を売る事ができる、停電時の非常用電源などにも使える、等、多数のメリットを享受することが出来ます。
さらに、二酸化炭素を排出しないと言うクリーンエネルギーでもあり、地球にとって優しい発電システムと言われています。
太陽光発電には、主なメリットが4つあります。
1つ目のメリットは、クリーンで枯渇しないことです。
太陽光は、クリーンで無尽蔵のエネルギー源です。
太陽光発電では、石油などを燃焼させて発電する火力発電の様に、二酸化炭素や、硫黄酸化物、窒素酸化物等の大気汚染物質を発生する事がありません。
ちなみに、結晶系シリコン太陽電池でのCO2削減効果は、1kWのシステムで約314.5kg/年です。
また、原油削減量は、1kWのシステムで約227リットル/年になります。
2つ目のメリットは、設置場所を選ばないことです。
太陽光発電は、導入システムの規模の大小に関係なく、発電効率が一定です。
設置場所の広さに応じて、システムの規模を自由に決める事ができるため、一般家庭から産業施設や公共施設まで、それぞれの施設に最適なシステムを設置する事ができます。
排出物や騒音もないので、日射量さえ確保出来れば、設置場所を選びません。
屋根や屋上等への設置の他、ビルの壁面に設置するケースも近年では増えています。
3つ目のメリットは、メンテナンスが簡単なことです。
太陽光発電システムは、シンプルな構造であるため、他の発電システムに比較すると、メンテナンスも簡単です。
また、太陽光発電システムを使用できる寿命も比較的長く、現在、太陽光発電に使用される太陽電池の耐用年数は、20年以上となっています。
ただし、設置場所等の諸条件により、耐用年数は変わって来るため、20年に満たない場合も有り得ます。
4つ目のメリットは、余った電気を売却できることです。
昼間、電気を発電して家庭で使いますが、その際に余った電気は、電力会社に売る事ができます。
これを「売電」と呼んでいます。
逆に、夜間は発電する事ができないので、電力会社から電気を買い家庭で使います。
これを「買電」と呼んでいます。
このような電気の売り買いは、自動的に行われるため、面倒な事は何もありません。
売った分の電気代については契約者の口座に自動的に振り込まれます。
太陽光発電を導入した方々の多くは、見積り通りの売電収入が得られるかどうか、楽しみにしている様です。
なお、電気の売り買いをするには、電力会社との契約を事前に行っておく必要があります。