家庭レベルで導入可能な太陽光発電・・・お勧めはこれ!

家庭レベルで導入可能な太陽光発電・・・お勧めはこれ!

ここで太陽光発電の基礎知識について、説明します。
まず、太陽光発電とは、太陽電池と呼ばれている装置を使って、太陽の光エネルギーを電気に直接変換する、と言う発電方式です。
住宅用に用いられる太陽光発電システムは、太陽電池が太陽光エネルギーを電気に変換して得た直流電力を、パワーコンディショナーによって電力会社と同じタイプの交流電力に変換し、家庭内の様々な家電製品に対して電気を供給します。
ところで、地球上に到達している太陽光のエネルギー量は、1平方メートル当り約1kWです。
これは、地球全体に降り注いでいる太陽光エネルギーを100%変換出来ると仮定したら、1年間に世界で消費されるエネルギーをたった1時間で賄うことが出来る、と言う非常に巨大なエネルギー量です。
しかも、枯渇すると言う心配がありません。
現在、日本は、石炭や石油などのエネルギー資源の殆どを外国からの輸入に依存しています。
しかし、このような化石燃料と言うものは使い続ければやがて無くなってしまうものです。
従って、太陽の光と言う巨大なエネルギーを利用する太陽光発電は、年々深刻化しているエネルギー資源問題を解決する有効な対策の一つと言えるでしょう。
また、クリーンである事も大きな特長です。
地球温暖化の原因の二酸化炭素は、太陽光発電では全く排出されません。
また、太陽光発電は、エネルギー源の確保が比較的簡単に行うことが出来て、地球にも優しい発電方式です。
日本は、世界トップクラスに位置する太陽光発電技術を保有する国でもあり、太陽光発電の導入量の一層の増加が期待されています。
ところで、地球上の自然エネルギーの量を比較すると、水力が毎秒5億Kcal、潮汐流が毎秒7億Kcal、地熱が毎秒77億Kcal、風と波が毎秒880億Kcal、と言う大きさなのに対して、太陽光は毎秒420,000億Kcalと、突出して巨大であることがわかります。
なぜなら、地球全体が太陽と言う天体から受ける光のエネルギーは、海面や地表で熱に変わり、その熱のほんの一部が、風や波、海流などの元になるエネルギー源となるからです。
ちなみに、化石燃料と言うのも、大昔に太陽エネルギーが形態を変えて地中に蓄積されて出来たものです。
最後に、太陽光発電が環境にどの程度の貢献が出来るか、考えてみましょう。
太陽光発電システムの設置により、火力発電所から出る二酸化炭素の削減と、そこで消費される化石燃料の節約ができます。
例えば、10kWの太陽光発電を行った場合、全国平均で約10,000kWh/年の発電量が期待出来ます。
これは、原油消費の削減量に換算すると、約2,270リットル/年です。
また、二酸化炭素排出削減量に換算すると、約3.14トン/年となります。

気になる太陽光発電情報のお勧めサイトをご紹介